独特な痛みの偏頭痛|精神的なストレスが原因

医者

頭痛から始まる精神病

PCを持つ先生

偏頭痛持ちの人は女性に特に多く、月に10日以上頭痛薬を飲む人は注意が必要です。最近は内科や精神科などで頭痛外来を設ける病院が増えており、頭痛の根本治療が可能になりました。頭痛持ちの人は、原因とそれに対する治療を行い、症状を軽くするための予防策をとることが大事です。

もっと詳しく

ストレスが原因の頭痛

頬杖を突く女性

ストレスによる頭痛の種類

頭痛には複数の種類があり、風邪や寝不足、二日酔いなどといった患者自身が原因を推測できる頭痛と共に原因を推測できない頭痛も存在します。そのような原因の推測ができない頭痛が発症した際には、脳腫瘍や脳梗塞などといった生命に関わる脳疾患の可能性もあるため、CTやMRIなどによる検査を受けておく方が安心です。しかし、頭痛の中には原因が特定できない上に医療機関で検査を受けても異常を認めることができないにもかかわらず、痛みは生じているというケースがあります。こうした頭痛が精神的なストレスが原因となって生じている可能性のある種類の頭痛なのです。精神的なストレスが原因となって発症する代表的な頭痛の1つはストレスによって首の筋肉が緊張するために生じる緊張型頭痛で、主に後頭部に痛みを感じます。そしてもう一つの精神的なストレスによって生じる代表的な頭痛が偏頭痛です。精神的なストレスによって生じる偏頭痛のメカニズムは、ストレスによって大脳皮質が興奮することで大脳皮質の電気活動が低下して三叉神経が刺激されるために、三叉神経に炎症が生じてしまいます。すると三叉神経から血管作動性の神経ペプチドが分泌されます。そして三叉神経は脳の血管とも繋がっているため、血管作動性の神経ペプチドが脳血管に作用して脳血管を拡張させるのです。このようにして生じる脳血管の拡張が偏頭痛の原因で、三叉神経の刺激は脳全体に徐々に波及していく性質があるため、一旦生じた偏頭痛は数時間から数日程度続くことが一般的なのです。また三叉神経の刺激は初期段階で脳幹や視床下部に伝わります。偏頭痛が生じる際に前兆として目がチカチカしたり、視野異常や感覚異常が生じるのは、こうした作用が原因なのです。

効果的な対処法

このように精神的なストレスが原因となって生じる緊張型頭痛や偏頭痛の予防や治療に際しては、精神疾患と同様に内科や外科よりも精神科を受診する方が効果的です。精神科での治療は投薬治療が中心となります。処方される主な薬としては、アセトアミノフェン、NSAIDs、トリプタン製剤、制吐剤などが挙げられます。具体的な処方の傾向としては、頭痛の程度が軽い場合には安定した鎮痛効果が期待できるアセトアミノフェンやNSAIDsが処方されるケースが多くなっています。そしてアセトアミノフェンやNSAIDsでは十分な効果が得られなかった場合や頭痛の程度が強い場合にはトリプタン製剤を処方されるケースが多くなります。そして吐き気などの随伴症状も重い場合に処方されるのが、頭痛を直接抑える効果は無いものの随伴症状の緩和に効果がある制吐剤となっています。また、精神科における治療では、投薬治療と並行して生活習慣の見直しについても指導されるケースが多くなります。というのも、生活習慣の乱れはそれ自体が精神的なストレスの原因になり得ると共に、他の要因で生じる精神的なストレスを助長するという側面もあるからです。また、緊張型頭痛や偏頭痛の発生頻度が多かったり、頭痛によって日常の社会生活に支障を来している場合には予防薬の服用によって頭痛の発生を予防することも大切になるのです。このような場合に精神科で処方される可能性のある予防薬の種類は多岐に渡っていて、患者によって合うものに差があります。そのため、処方された予防薬の効果について、通院の度に精神科の医師と相談していくことが大切なのです。このように、精神的なストレスが原因となって頭痛が生じている際には、患者自身が生活習慣を改めたり、処方されている薬の効果を医師に能動的に伝えるといった主体性を持つことで治療や予防の効果を高めることができるのです。

頭痛持ちの体質改善方法

看護師

有名人にも多い頭痛持ちと呼ばれる人の多くは、偏頭痛を持病としています。そのような人の脳は知覚過敏になっており、薬に頼る内科的治療だけでは根本的解決にならないものです。精神科では心の領域から脳の過敏状態を解消させ、偏頭痛の症状を改善させています。心理療法を通じて痛みを感じにくい脳に鍛えていくのです。

もっと詳しく

片側に起こる頭痛の治療

カウンセリング

女性に発症しやすいと言われている偏頭痛は、頭の片側に痛みが生じ、症状の持続期間が長い点で他の頭痛と大きく異なります。最近、偏頭痛は心因性の原因が指摘されており、精神科での治療と共に従来から指摘されていた環境・食事の改善が大切です。

もっと詳しく